ウーマン

ほうれい線を消して若返ろう!|進化する美容外科の治療

有効成分を活用する

おでこを触る女性

ほうれい線を消す方法は多数あり、美容外科クリニックでもそれらを実践することができます。ただ、あらゆる方法があるため、それぞれの特徴を確かめて自分にあう方法を見つけることが大切です。ほうれい線の消す方法として特に人気を集めているのが、ヒアルロン酸注射です。ヒアルロン酸はお肌の内部にある成分の一つで、紫外線や乾燥、老化などにより減ってしまう成分です。この成分が減ってしまうことで顔にほうれい線がくっきりとでてしまうといっても過言ではありません。このため、美容外科クリニックでこの成分を注射することにより肌にヒアルロン酸が増えてほうれい線を消すことができるのです。ヒアルロン酸注射の特徴として挙げられているのが、短時間での施術です。ヒアルロン酸をただ注射するだけでいいため、施術時間はおよそ10分ほどです。このため、忙しい人でも受けられると美容外科クリニックでも人気を集めているのです。ヒアルロン酸にもそれぞれ種類があるため、美容外科クリニックではまず説明を受けてから注射してもらうことが大切といえるでしょう。この治療法はダウンタイムが少ないのも特徴の一つで、次の日に仕事があるという人でも安心して受けられる施術です。人によっては注射をした箇所に内出血が発生する可能性があるのですが、注射が終わったあとに化粧ができるのでファンデーションやコンシーラーで気にならない程度まで隠すことが可能です。また、数日から数週間程度で消えてしまうものであり、跡に残るようなことはありませんので安心できます。ヒアルロン酸注射は施術後すぐに通常の生活を送れるのが大きな特徴ではあるのですが、内出血を引き起こさないためにも激しい運動等は控えるようにしておくといいでしょう。ヒアルロン酸は、もともと人間の中にある成分です。このため、時間がたつと注射したヒアルロン酸も体内に吸収されて減ってしまいます。このため、ヒアルロン酸注射による効果の持続性や3ヶ月ほどといわれていて、注射による効果が減った時は美容外科クリニックで注射しなおす必要があります。その特性をよく把握してから美容外科クリニックに行くといいでしょう。

ポラリスやウルセラシステムにも人気が集まっています。これらの方法はほうれい線を消す方法の中でも特に気軽に取り組める方法といわれています。ポラリスはほほのたるみを防ぐもので、レーザーを肌にあてて内部のコラーゲンを増やす効果があります。レーザーを活用することにより、気になる部分だけを重点的にケアできるのも一つの特徴です。施術にかかる時間も30分ほどのため、あまり時間がかからないという特徴もありません。それに加えて、ダウンタイムもないため安心です。ウルセラシステムは超音波を活用した機械で、肌にそれをあてて内部の皮膚のたるみを解消することができます。こちらもレーザーと同様に、ダウンタイムがほとんどない治療方法です。さらに、一度施術を行なっただけで1年から1年半もの間、効果が持続するというのが最大の魅力と言えるでしょう。機械による治療は数多くありますが、長期間効果が持続することを望むのであればウルセラシステムを利用した治療が最適です。このように、それぞれの治療法には異なる特徴があります。自分が求める効果やメリットをよく考えてから治療法を選択するようにしましょう。